べっかぼう



         二月堂での行に入られる前、
         日常生活から離れる意味で”火”を別にする
         「別火」により修行をする期間が「別火」。
         
         戒壇院西にある別火坊(別火の時の宿所)では
         手向山八幡の宮司さんによって清められた火が
         かまどやお風呂に使われるのだそうです。


         この時期になると境内のいたるところに結界が張られ
         空気までピンと張りつめてきます。


      

          別火坊では声明の練習、花ごしらえ、紙衣しぼりなど
          二月堂に籠る準備がなされます。
by narara-3 | 2013-02-24 21:53