人気ブログランキング |

奈良太郎

 東大寺二月堂参道
 
        奈良で、”除夜の鐘”といえば東大寺の鐘がまず浮かびます。

        世に三名鐘があり、
        「姿(形)の平等院、音(声)の三井寺、」
         そして 
        「勢の東大寺」として有名なこの東大寺の鐘は、
         ”奈良太郎”と呼ばれています。

        昔は「行く年くる年」の中継でよく
        この鐘のつかれるところが流れていました。

      東大寺奈良太郎
       
        静寂な大仏殿の東にある二月堂参道の石段を登って行くと
        忽然とその鐘楼は姿を表します。

      東大寺奈良太郎-1

        小高い鐘楼ヶ丘つくと急に視界が開け、
        威風堂々とした鐘楼と、奈良太郎の名にふさわしい大鐘が
        目の前に現れるさまは何度味わっても、ぞっくとするものがあります。


        鐘は奈良時代から災いを逃れ今に伝わるもので、
        今もその役を果たしています。


       東大寺奈良太郎-2
         鐘楼は鎌倉時代栄西によって再建されたもの。
         禅宗様と、大仏様の合わさった、
         なんとも伸びやかな心よい建物です。

       
       東大寺奈良太郎-3
       東大寺奈良太郎-4


         ずっしりと腹に響くという鐘の音かと思いきや、
         意外と高い音が聞かれたように思います。

         お水取りではこの鐘の音と練行衆の堂上が重なり、
         なんともありがたいええものなのです。

       東大寺奈良太郎-5
          鐘の中心。 
          コスモの中を見るかのよう・・・

          にしても、今年も後わずかになりました。
      二月堂
by narara-3 | 2011-12-30 13:40